リフォームやリノベーション済みマンション

今もしマンションとアパートでどちらにするか、迷っているなら建築構造の違いから考えてみてはいかがでしょう?

Hot Topics
リフォームやリノベーション済みマンション

アパートとマンションを迷っているなら

始めに、アパートとマンションの違いですが、そもそもアパートとマンションの違いには、明確な規定がありません。主に構造で、皆さんは判断しているそうです。そこで、アパートに多い構造が「木造」「軽量鉄骨造」だそうです。マンションに多い構造が「鉄筋コンクリート造」「鉄骨鉄筋コンクリート造」が多いです。高さは、マンションが高層で、アパートが低層のイメージをお持ちの方が多いようです。

構造のことですが、建築費用に安い順から並べると「木造」<「鉄骨」<「鉄筋コンクリート」の順になります。そこで、その違いですが、やはり価格が高くなればなるほど、建物の強さも強くなります。それに加え、老朽化もしにくくなります。

そこで、マンションですが、マンションは高層の場合が多く、「鉄筋コンクリート造」が採用されているところが多いです。しかし、賃貸料は高くつきますが、建物の強さは一番強い構造です。それに加え、老朽化が「木造」に比べると、ほぼ老朽化しないといっても良いくらい長持ちします。もし、アパートかマンションで迷っているなら、長く住むのであれば、マンションをお勧めします!また、購入であれば、なお更マンションをお勧めします!

関連リンク

Copyright (C)2017リフォームやリノベーション済みマンション.All rights reserved.