リフォームやリノベーション済みマンション

シニア向け分譲マンションは食事の提供や緊急時の対応などのサービスが充実しているので、高齢者が安心して暮らせます

Hot Topics
リフォームやリノベーション済みマンション

シニア向け分譲マンションとは?

シニア向け分譲マンションは、民間事業者によって販売・運営される分譲住宅であり、主に自立または要支援状態の高齢者を受け入れています。シニア向け分譲マンションの特徴は、ほとんどの家事を施設スタッフに依頼でき、シニアライフを楽しむための設備が整っていること、そして分譲形式なので物件を売却・相続・賃貸することが可能なことです。ただし、重度の要介護状態への対応は基本的に施設内では困難な場合も多いため、退去になることもあります。

シニア向け分譲マンションの入居にあたって必要な費用は、基本的に通常のマンションと同様で、購入費用と月々の管理費や修繕積立金が必要になります。施設の場所や設備によって、購入費用は数千万円〜数億円、月々の費用は数十万円程度で、付帯するサービスに応じて管理費は高くなります。

シニア向け分譲マンションで提供されるサービスは、施設スタッフによる見守り、食事・掃除・洗濯のお世話、緊急時の対応などです。また一部の施設では、外部の事業者と提携することで、施設内で介護サービスや医療サービスを受けられるようになっています。シニア向け分譲マンションはある意味、富裕層など限られた人向けの施設です。入居者も限られるため、条件が合えば入居が特に難しいわけではありません。入居を希望する場合には、まずは施設の条件を確認した方がよいでしょう。

関連リンク

Copyright (C)2017リフォームやリノベーション済みマンション.All rights reserved.