リフォームやリノベーション済みマンション

耐震性という観点でマンションの構造を見ると3つに大別されます。それは耐震構造と免震構造、制振構造です。

Hot Topics
リフォームやリノベーション済みマンション

マンションの耐震性を知るには

これからのマンション建設では新耐震基準に基づいて設計、施工されますので万が一大きな地震が起きても建物が崩壊することはないと言われています。耐震性という観点でマンションの構造を見ると3つに大別されます。それは耐震構造と免震構造、制振構造ですが、耐震構造というのは地震の揺れを建物全体で受け建物の剛性により倒壊を防ぐもので、地面の揺れが直接建物に伝わるので家具などの転倒の恐れがあります。免震構造は地震の揺れが直接建物に伝わるのを防ぐことを目的に開発されていますので、免振構造は建物と地盤を切り離して地震の揺れが直接建物に伝わらない構造になっています。地盤と建物の間に免振装置を置き、地震のエネルギーを吸収して、揺れを少なくするわけです。

免振構造はコスト的には高くなりますが、免振装置のメンテナンスが必要になり修繕積立金の額が高くなる訳ですが、コスト分散ができる超高層マンションや大型マンションに見られます。一方の制振構造は、地震の揺れを吸収する制振機構が建物に取り付けられているもので、具体的には地震の揺れを軽減することで建物の損傷を防ぐことができます。このようなマンションの耐震性については購入前のパンフレットで確認することができます。

Copyright (C)2017リフォームやリノベーション済みマンション.All rights reserved.